基礎知識

PayPay後払いで審査落ちた理由はなぜ?審査方法や在籍確認の有無・学生の申込可否・注意点等解説

PayPayあと払いPayPay株式会社が運営する後払いサービスです。
最短2分で審査が完了しますが審査内容は厳しく審査に落ちる人も少なくありません。

金融機関の契約で多い在籍確認は基本的にありません
しかし、収入能力に問題があると判断されると在籍確認が実施されることもあります。

もしPayPayあと払いの審査に落ちてしまったら、年齢収入本人確認の申込基本条件と、虚偽申請借金履歴信用情報ブラック申込みブラックの有無を確認し、6ヶ月の期間をあけて審査に再チャレンジしてください。

6ヶ月の期間中にアルバイト就職により安定した収入を確保し、申込み件数を2社までに抑えて審査に臨めば、次回のPayPayあと払い審査に合格する確率を上げることができます。

2023年8月1日より「PayPayあと払い」「クレジット」に表記が変更されています。

本記事ではPayPayあと払いという表記で記事を統一しています。

(参照:「PayPayあと払い」の表記を変更(2023年8月1日~) – PayPayからのお知らせ)

この記事でわかること
  • PayPay後払いの申込の基本条件は18歳以上返済能力SMS認証での本人確認
  • ペイペイ後払いは信用情報がブラックになる行動を起こすと審査落ちの原因になる
  • PayPayあと払いで申込みブラックを避けるには申込件数を2社までに絞る
  • PayPay後払いは最短2分のスピード審査だが審査難易度は高い
  • PayPayあと払いは原則在籍確認なしだが返済能力に問題があれば実施される
PayPay後払いの審査落ち時に一時的に借りれる安心・安全なカードローンは下記になります。↓
\申込から融資まで最短25分で在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断から【最大60日間無利息】

PayPay後払いで審査に落ちた理由・原因はなぜ?

これからPayPayあと払いでよりPayPayサービスを便利に利用しようと思った矢先、突然のPayPayあと払いの審査落ち通知が届くとショックを受けます。

自分に限って審査落ちはあり得ないと思う前に、3つの基本条件信用情報に関する4つの条件を確認してください。

基本条件は18歳以上の年齢申請者の安定した収入SMS認証による本人確認の3つです。
どれかひとつでも欠けると審査落ちの原因となります。

信用情報の条件は虚偽の申請過去の借金履歴金融事故による信用情報ブラック申込ブラックの4つです。
すべて審査の合否に関係する重要な条件となります。

PayPayあと払いの審査基準は公表されておらず。審査落ちの明確な原因を知ることは難しいです。
上記7つの条件をすべてクリアすることが合格への確実な方法になります。

>>PayPay後払いの審査落ち時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

申し込み条件に該当していない

PayPayあと払いの審査に落ちてしまう理由の1つが、申し込み条件に該当していないことが挙げられます。

PayPayあと払いは18歳未満の人は申し込むことができない年齢制限があります。
また満18歳になっていても高校在籍中であれば、高校を卒業するまではPayPayあと払いの申し込み条件に該当しないので注意してください。

申請者・配偶者に一定以上の収入があることも必須条件です。
PayPayあと払いを安全に利用できると判断されなければ、審査に合格することは難しいでしょう。

本人確認はSMS認証で行います。
スマートフォンを所有しPayPayアプリを利用することも申込条件のひとつです。

上記3つの基本的な申込条件とは別に、公式ホームページでは明記されていません。
PayPay株式会社が独自に扱う信用情報も暗黙のルールになると理解してください。

今までに返済が滞った借金がある

PayPayあと払いに申し込んだ人に未払いの料金がある、既に返済完了しているが過去に滞納として滞った借金の記録が参照されると、審査状況は著しくマイナスに傾きます。

これはPayPay株式会社が運営しているサービスだけではありません。
今まで契約したすべての金融サービス全般が該当するので厄介です。

過去の借金滞納の記録は長期間保管されます。
金融事故に発展するような深刻な滞納履歴は1年や2年で消えることはありません。

悪質な滞納であれば、5年〜10年間消えることはありません。
審査に不利に働くというケースも珍しくありません。

PayPayサービスで利用規約を遵守し支払い期日を守っていても、他社金融機関のサービスで滞納トラブルを起こしていれば、審査がネガティブに進行してしまうことは避けられません。

>>PayPay後払いの審査落ち時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

信用情報がブラックである

ブラックリストの人はPayPayあと払いの審査に通りません。

PayPayあと払いが初めての審査経験だという人にとって、信用情報といわれても一体何の信用かわからないかもしれません。

まずPayPayあと払いの審査を考えるとき、信用情報ブラック審査落ち原因の双方は密接な関係があることを理解しましょう。

実は契約者の金融サービスの利用状況返済状況はバックグラウンドで集計されています。
データベース化されて一括管理されています。

金融機関の世界では集約される契約者の情報のことを信用情報、データベースを管理する組織のことを信用情報機関と呼んでいます。

信用情報機関は日本信用情報機構(JICC)全国銀行個人信用情報センター(KSC)株式会社シー・アイ・シー(CIC)の3つに分かれ、日々多くの契約審査の合否を左右する情報を収集しています。

滞納自己破産特定調停任意整理個人再生などの情報は、すべて信用情報として集約され信用情報機関で管理されるため、リスク有りと判断されるとPayPayあと払いの審査に通過することはできません。

他の後払い決済やカードローンに複数申込みをした(申込みブラック)

PayPayあと払いの申込の前後に複数の金融サービスに申し込むと、PayPayあと払いの審査に悪影響を及ぼすリスクがあることはご存知ですか?

特にカードローンなど信用情報に関する審査があるサービスを、短期間に集中して申し込むと申込みブラックという状態となり危険です。

一般的に最初の申込から 6ヶ月間中に申し込んだ記録が集計されています。
申込件数が増えるにつれて申込みブラックと判断されるリスクが増加します。

PayPayあと払いでの申込みブラックの具体的な申込件数は公開されていません。
申込みホワイトとブラックの境界線は、曖昧でハッキリしないというのが現実です。

しかしできるだけ申込みブラックのリスクを抑えるのであれば、金融サービスを2社申し込んだ時点で一旦申し込みをストップし、3ヶ月は期間をあけるという方法を実践してください。

>>PayPay後払いの審査落ち時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

無職や収入が少ない・安定していない

PayPayあと払いは後払いで起こる返済リスクを回避するため、PayPay株式会社は契約者に一定以上の収入能力を義務付けています。

無職でPayPayあと払いの審査に落ちた場合、就職アルバイトでお金を稼ぐ環境を作らなければ、次回の審査でも落とされる可能性が高いでしょう。

また仕事をしていてPayPayあと払いの審査に落ちてしまった人は、毎月の収入を増やし年収を上げることが現実的な審査合格への近道となります。

審査合格の具体的な年収の数字がわかれば、対策を立てやすいです。
しかし、審査基準は開示されないため過去の事例から推し量るしかありません。

PayPay株式会社の審査は厳しく、PayPayあと払いは容易に利用できる金融サービスではない、ということは確かな事実です。

虚偽(嘘)の内容で申し込みをした

PayPayあと払いの申請に虚偽の申告をおこなうことは、自ら審査落ちの原因を作ることと同じです。

PayPayあと払いはインターネットで匿名利用する粗雑なサービスではありません。
信用情報に基づいた金融サービスのひとつです。

虚偽の申告で審査に通ろうとする人は、利用規約を守り誠実にPayPayあと払いを利用できる保証はありません。

氏名・年齢・住所などの申請者本人の情報は運転免許証などで確認ができます。
わざわざ嘘をついて申し込む人はいないでしょう。

問題なのは勤務先情報など収入に関連する情報です。
審査を有利に進めるために虚偽の勤務先や収入状況を申請してしまうケースです。

申請情報はPayPay株式会社が短時間でも厳格に行います。
虚偽の申告は確実にばれることを忘れてはいけません。

また信頼にも傷がつき要注意人物として記録され、次回以降の審査でマイナスに働くリスクにもなります。

PayPay(ペイペイ)後払いの審査方法や注意点

PayPayあと払いはオンライン審査となり、スマートフォンから必要情報を入力して申請します。

申込条件を満たす申請者であれば最短2分で審査が完了します。
驚きのハイスピード審査で、即日PayPayあと払いを利用できます。

しかし審査時間が短いことでPayPayあと払いの審査が甘くなるわけではありません。
しっかりとした審査で申請者の返済能力を確認しています。

この事はPayPayあと払いの審査が厳しいという、インターネットの口コミからも推し量れます。

PayPayあと払いは審査に落ちてしまうと再チャレンジが6ヶ月先となります。
PayPayあと払いの利用を急ぐ申請者にとって厳しいペナルティになっています。

これは過去の申請履歴が6ヶ月間保管され、審査基準を満たしていないと判断されることが理由です。

この6ヶ月で申込件数を減らし収入を安定させることができれば、次回のPayPayあと払いの審査を無事通過することができるでしょう。

>>PayPay後払いの審査落ち時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

PayPayあと払いの審査の申込方法・流れや必要書類

PayPay後払いの審査の申し込み方法は、PayPayカードを持っているかどうかで変わります。

PayPayカードを持っていない場合は、カード作成のための審査を受ける必要があります。
これがPayPay後払いの審査にもなります。

既にPayPayカードを持っている人は、PayPayアプリから申し込めば最短20秒で登録可能です。

PayPay後払いの審査を受けるためには、支払い口座の情報が必要です。
引き落とししたい銀行口座の情報を準備しておきましょう。

PayPay後払いの申込はアプリ・Webで行います。
申し込み方法と審査の流れは以下の通りです。

PayPay後払いの申込手順・流れ
  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の通知
  4. 審査通過後から後払いが利用可能になる

PayPay後払いの審査の流れは、クレジットカードの審査と変わりません。

申し込みから審査が行われ、審査通過すればその日から利用可能です。
在籍確認などもないため、審査時間は最短2分ほどで完了します。

クレジットカードと違い、審査通過すればその日から後払いが使えるのもPayPay後払いのメリットです。

審査時間は最短2分~申し込み状況によって違いがある

PayPay株式会社のPayPayあと払い審査は、申請者に何も問題がなければ最短2分で合否の結果が出ます

申込基準を満たしている人であれば、非常にスピーディにPayPayあと払いをスタートさせることが可能です。

しかしPayPayあと払いはオンライン審査です。
短期間に申請件数が集中すれば審査処理が遅延し、審査完了まで時間がかかることが予想されます。

他者の審査に時間がかかれば、自分の番まで審査時間が延びることは仕方ないことです。

審査完了まで2日ほどかかった契約者も口コミで確認できました。
申し込み状況によってはある程度の時間が必要だと覚悟しておきましょう。

審査落ちすると一定期間(約6ヶ月)の再申込みはできない

PayPayあと払いの審査に一度落ちてしまうと、次回の申し込みまでに約6ヶ月は期間を空けなければいけません

申込みブラックの項目でお伝えした通り、申請した申込み履歴は6ヶ月記録されます。
一度リセットの状態にならなければ審査を進められないことが理由です。

半年間もPayPayあと払いの利用チャンスがないことは、PayPayあと払いを望む人にとって少々残酷な現実かもしれません。

再審査開始までの期間をただ待つだけでは、再チャレンジしても合格の確率は前回と変わりません。

審査落ちの原因を自分の中で整理し、6ヶ月の猶予をうまく活用して収入問題借入状況などの問題を解決することで、次回のPayPayあと払い審査の合格確率を確実に上げましょう。

>>PayPay後払いの審査落ち時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

審査が厳しいとの口コミが多い

PayPayあと払いの審査が優しい・厳しいの客観的判断は難しく、申請する人の信用情報返済能力によって審査の印象は大きく異なります。

PayPayあと払いの審査通過は決してイージーではありません。
他社ローン契約と比較すると、より厳しい審査を実施している金融機関もあります。

インターネットに散見するPayPayあと払いの審査が厳しいとの口コミを見る限り、審査落ちでPayPayあと払いを利用できない人が一定層いるようです。

その多くは金融機関のクレジットカード契約での審査が厳しくて通らない人がおおいです。
キャッシュレス決済の代替手段としてPayPayあと払いを選択しています。

PayPayあと払いの審査が厳しいとの口コミが多いのは、それだけ信用情報問題返済能力に不安を抱える人が多いという事実を浮き彫りにしています。

PayPay後払い(PayPayカード)の審査結果のメール来ない時の確認方法

「PayPay後払いの審査結果のメール来ない!」

審査結果はメールでも通知されます。
審査に通過しても審査落ちでも必ずメールが届きますが、中にはメール来ないという人もいます。

メール来ない人は、別の方法でも審査結果を確認することができます。

PayPay後払いの審査結果の確認方法
  • メール
  • PayPayアプリのプッシュ通知またはメッセージボックス
  • Webの「会員メニュー」

PayPayアプリでは審査状況も確認することができます。
「PayPayカード」から「審査状況を確認する」をタップすれば確認できます。

Webでも審査結果は確認できますが、PayPayアプリと変わらないので審査状況も確認できるアプリを入れておいた方が便利です。

PayPay後払いで審査落ちしたらいつまで待てばいい?

「PayPay後払いで審査落ちたらいつまで待てば審査に通る?」

PayPay後払いの審査落ち後に、いつから再審査・再申し込みができるか気になる人もいます。

しかし、明確に「いつまで待てば審査に通る」というものはありません。

申し込む度に所定の審査を受ける必要があるため、1年待っても審査に通らないこともあります。

しかし、目安として半年(6ヶ月)は期間をあけてから再申し込みする必要があります。

「PayPay後払いに申し込みして審査に落ちた」という事実は、信用情報に6ヶ月間記録されているためです。

第3条(個人信用情報機関への登録・利用)第3条(個人信用情報機関への登録・利用)

1.本契約に係る申込みをした事実
当社が個人信用情報機関に照会した日から6カ月間

(引用:PayPayカード(PayPay決済用)サービス利用規約 – PayPayカード)

この期間の間は審査落ちの事実が記録されているため、審査を受けても瞬殺される可能性があります。

半年経てば、信用情報から申し込みの記録が消えるため、フラットに審査を受けることができます。

審査通過は保証されませんが、審査通過率を上げる1つの対策にもなります。

PayPayあと払いとは

PayPayあと払いはPayPay決済サービスのひとつです。
PayPayカードの口座から引き落としできる後払い決済のことです。

またPayPay残高へのチャージにも対応しています。
1ヶ月最大200万円までの利用上限金額までチャージすることができます。

PayPayあと払いの利用上限金額は、PayPayカードの利用上限金額が1ヶ月最大25万円まで使えます。
より利用用途に優れた決済サービスであることがわかります。

PayPay株式会社の審査では原則として在籍確認は実施されません
返済能力に不安の残る申請者に対してはその限りではありません。

場合によってはPayPayあと払いを申し込む前に、現在の収入を底上げする対策が必要な場合もあります。

PayPayあと払いの年齢制限は18歳以上です。
高校を卒業していれば学生であってもPayPayあと払いが利用できます。

クレジットカードは社会人になってからという人も多い中、幅広い利用用途をもつPayPayあと払いでキャッシュレス決済をスタートさせるのもひとつの方法です。

PayPayあと払いの特徴

PayPayあと払いとはその名の通り利用月末日までの支払い料金を、翌月27日に決済するシステムです。

PayPayあと払いの利用上限金額は1日50万円までです。
1ヶ月200万円まで決済に利用できます。

PayPayあと払いの特徴

  • 当月利用料金を翌月27日に後払いできる
  • 決済方法に一括払い・リボ払いが選択できる
  • PayPayステップと併用で最大1.5%のPayPaポイント付与
  • 年会費はないが分割・リボ払いは手数料が発生する

PayPayあと払いのメリットは事前チャージしなくてもショッピングができる点です。
また、翌月27日に一括で返済することで決済の手間を大きく省けることです。

分割・リボ払いを選択しない限り、年会費利用手数料が無料ポイント付与されます。
PayPayあと払いを積極的に決済に選ぶユーザーが増えています。

しかし実店舗ではVisaJCB加盟店でPayPayあと払いが使えません。
クレジットカードに比べ汎用性の面で少し見劣りする部分もあります。

在籍確認の審査は原則ないことが多い

PayPay株式会社はPayPayあと払い審査に在籍確認を実施すると明記していません。
多くの場合で在籍確認をせず審査を進めると考えられます。

しかし、PayPayあと払いの登録に必要な勤務先情報と、申請者の過去の借入状況申込み情報を精査し、返済能力が不明瞭と判断されたときは在籍確認がおこなわれる可能性は高いと考えるべきです。

PayPayあと払いは在籍確認がないという前情報を鵜呑みにすると、審査に落ちて6ヶ月後の再申請まで足止めとなるケースもあります。

無職や収入に不安がある人は少し時間が必要です。

アルバイトなどで事前に収入アップを図り、ある程度返済能力を身につけてから審査に臨んだ方が、結果的に審査落ちした場合より早くPayPayあと払いが利用できるでしょう。

申込対象は18歳以上なら学生もOK

PayPayあと払いの年齢制限は18歳以上です。
学生であれば大学生からが申込対象に該当します。

学生でも利用できる後払いサービスは、PayPayあと払いの他には、メルペイあと払いバンドルカードポチっとチャージd払いなどがあります。

手数料無料やポイント還元を考慮すると、PayPayあと払いを選んだ方がメリットが大きいという人は少なくありません。

PayPayあと払いの入会条件は以下の通りです。
日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方
ご本人様または配偶者に安定した継続収入がある方
携帯電話認証(SMS認証)が可能な携帯電話でPayPayアプリを利用できる方

(引用:PayPayあと払いの申し込み条件はありますか – ご利用ガイド|PayPayカード)

PayPayあと払いはクレジットカードが持てない人でも、キャッシュレス決済の可能性を広げる有効な選択肢になります。

もうすぐ高校を卒業する18歳以上の人や、クレジットカード審査に不安がある人は、事前にある程度の収入能力を確保する必要があります。

申込み金融サービスは2社までに絞ってPayPayあと払いに申込み、審査合格を最優先させる行動を実践しましょう。

PayPay後払いの審査落ち時に一時的に借りれる安心・安全なカードローンは下記になります。↓

―――――――

【最新版】ランキング
【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ
SMBCモビット
(評価3.5)

\申込から融資まで最短25分で在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断から【最大60日間無利息】

この記事の監修者 山口奏太
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士3級。現在貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 株式会社トイント
関連ページ