基礎知識

PayPay後払いが利用できない!登録・支払いできない原因や対処方法!PayPay以外の対策等紹介

PayPayあと払いは支払いを翌月に後回しできるため、手元に現金がないときでも利用できる便利なサービスです。

あと払いを利用することでPayPayポイント還元率も上がるため、今やキャッシュレス決済の中で主流となっています。

「PayPayあと払いが利用できない!」
「PayPayあと払いで支払いできない!」

PayPayあと払いが急にできないと困る人は大勢います。
また、PayPay後払いを始めようとしても登録できないといつまでもPayPay後払いを利用することができません。

本記事では、「PayPay後払いが登録できないとき」「PayPay後払いで支払いできないとき」の原因と対処方法について解説します。

PayPayあと払いの表記の変更

PayPay株式会社は2023年8月1日より「PayPayあと払い」の名称をPayPayクレジットに変更しています。

(参照:「PayPayあと払い」の表記を変更(2023年8月1日~) – PayPayからのお知らせ)

この記事でわかること
  • PayPay後払いが登録できないのは登録情報や手続き上の問題が多い
  • PayPay後払いの利用上限を超えている場合は利用できない
  • PayPay後払いやその他の支払いを延滞・滞納している場合は支払いできない
  • 信用情報に傷がついた・ブラックになったらPayPay後払いは支払いできない
  • 滞納はすぐに返済!一時的にカードローンでお金を借りる方法もある
お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
PayPayが使えない・払えない時に一時的に借りれる安心・安全なカードローンは下記になります。↓
お金を借りたい人向け【最新版】
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可 ※18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)
――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/
SMBCグループの安心感『プロミス』 簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日

↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アイフル ※最短当日借りられる インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短20分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\他社からの借り換え可/

【目次】このページ先読み

PayPay後払いが利用できない原因と対処方法

PayPayあと払いの登録はできているけれど、PayPayあと払いの支払いができないという人も大勢います。

登録ができない人よりPayPayあと払いで支払いできないという口コミの方が多く確認できました。

paypayあと払い使えないなんでだ。
クレカ不正利用で止められてるんかと焦ったけどクレカは普通に使えた。
昨日は普通にあと払い使えたからシステム障害か?

(引用:X(旧Twitter))

PayPayあと払いで支払いできないと、日常的にPayPayを利用している人は非常に不便な思いをします。

しかし、PayPayあと払いで支払いできない原因は明確に6つの原因があると考えられます。

以下で紹介する6つの原因に該当している場合は、記載する対処方法を実践することをおすすめします。

>>PayPayが使えない・支払い遅れ時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

PayPayあと払いの申し込みができていないと後払いが利用できない

PayPayあと払いで支払いできない原因の1つに、実はあと払いの申し込みが完了していなかったケースがあります。

PayPayを登録しただけではPayPayあと払いを利用することはできません。

あと払いの申し込みをして、審査を通過する必要があります。
既にPayPayカードやPayPayカードゴールドを持っている人は審査不要で登録可能です。

PayPayあと払いの申し込み方法を以下で解説します。

PayPayあと払いの申し込み方法

PayPayあと払いの申し込み方法は、PayPayカードを持っている人と持っていない人で異なります。

PayPayカードを持っている人は最短20秒であと払いに申し込みが可能です。

  1. PayPayアプリホーム画面の「残高」を右へスワイプ
  2. 個人情報の取り扱い事項に同意してタップ
  3. 申込内容を確認して、「PayPayアプリに登録する」をタップ

(引用:クレジット(旧あと払い)の登録・設定ガイド – キャッシュレス決済のPayPay)

PayPayカードを持っていない人は、下記の手順で登録します。

所要時間は5分~10分ほどで完了します。

  1. PayPayアプリのホーム画面の「残高」を右にスワイプ
  2. 個人情報法の取り扱い事項を確認してタップ
  3. 名前・年齢など必要項目を入力する
  4. 名前・年齢など必要項目を入力する
  5. PayPayあと払いの引き落とし口座の情報を入力する

プラスチック製のカードが不要であれば、バーチャルカードというスマホ内で使えるクレジットカードが自動で作成されます。

PayPayあと払いの利用上限を超えていて使えない

PayPayあと払いの利用上限額を超えている場合は、PayPay後払いは利用できないです。

PayPayあと払いを利用するにあたって利用上限は最大3つ設けられます。

PayPayの利用上限

  • PayPayあと払いの利用上限
  • PayPayあと払いに紐づけているクレジットカードの利用上限
  • 自身で設定したPayPayの利用限度額

どれかの利用上限を1つでも超えた場合はPayPayあと払いで支払いできない状態になります。

利用上限の中には設定で変更することで限度額をあげることができるものもあります。

利用上限であと払いが利用できない場合は、どの利用上限に該当しているかを把握する必要があります。

PayPay後払いの利用上限が超えている

PayPayのあと払いそのものに利用上限が設けられています。

過去24時間で最大50万円過去1カ月間で最大200万円という上限があります。

PayPayあと払いの利用上限 過去24時間 過去30日間
PayPayカード本会員 50万円 200万円
PayPayカード家族会員 25万円 25万円

(引用:PayPayで設定しているご利用上限金額について – PayPay ヘルプ)

PayPayカードの家族会員の場合は、過去24時間・過去30日間ともに25万円が利用上限です。

●PayPayあと払いの利用上限が超えた時の対処方法

利用期間を待つことで利用上限がリセットされます。
過去24時間の上限は毎時0時過去30日間の上限は毎月1日にリセットされます。

紐づけているクレジットカードの利用上限が超えている

PayPayあと払いに紐づけされたクレジットカードの利用上限を超えている場合も後払いが利用できません。

本人認証未設定のクレジットカードでのお支払いの場合、上限金額は5,000円(過去24時間)です。
本人認証の設定を行うことで、2万円(過去24時間)まで引き上げることができます。

(引用:支払い上限を引き上げるには – PayPay ヘルプ)

クレジットカードの利用上限は本人確認をしているか青いバッジがついているどうかで変わります。

PayPayに紐づけたクレジットカードの利用上限 過去24時間 過去30日間
本人認証済み(青いバッジが表示されている) 25万円 25万円
本人認証済み 2万円 5万円
本人認証未設定 5000円 5000円

青いバッジがついている場合は、過去24時間・30日間で最大25万円まで上限をあげることができます。

PayPayの青いバッジとは何?

PayPay利用者の利用状況や登録内容によってPayPayアプリのアカウント画面に青いバッジがつく
利用状況によって青いバッジがついている人も変化する可能性がある

(参照:アカウント画面に表示される青いバッジについて – PayPay ヘルプ)

要するに、本人確認を行い正しくPayPayを利用している人に青いバッジがつきます。

よってPayPayあと払いの紐づけたクレジットカードの利用上限を上げる方法は以下の通りです。

PayPayあと払いに紐づけたクレジットカードの利用上限を上げる方法

  • 本人認証を完了する
  • PayPayあと払いをルールを守って支払期日を守って利用する

自分で設定したPayPayの利用可能額を超えている

PayPayは自身の使い過ぎを防止するために、自身でPayPayの利用上限額を設定することができます。

自分で設定したPayPayの利用上限額を超えた場合PayPayあと払いを利用できない状態になります。

この場合は、自身で設定を変更することで利用上限額をあげることが可能です。
利用上限額を変更する場合は都度SMS認証が必要です。

以下が自身で設定したPayPayの利用上限を変更する方法です。

自分で登録した利用上限額を変更する方法
  1. PayPayアプリホーム画面の「アカウント」をタップ
  2. 「セキュリティとプライバシー」をタップ
  3. 「利用可能額の設定」をタップ
  4. 「支払い」「チャージ」などのそれぞれの利用上限額を変更する
  5. SMS認証を行い変更完了

設定変更後は過去24時間の利用上限は毎時0時にリセットされます。
過去30日間の利用上限は毎月1日にリセットになります。

(参照:自分で登録する利用可能額の設定方法(説明動画あり) – PayPay ヘルプ)

PayPayあと払いが利用できない使用不可の店舗がある

PayPayは利用できてもPayPayあと払いが利用できない店舗があります。

その場合PayPay後払いで支払いはできません。

PayPayあと払いが利用できない店舗

  • PayPay加盟店ではない実店舗
  • PayPay残高限定・PayPayマネー限定の支払いの加盟店舗
  • PayPayあと払い非対応のオンラインサービス

(参照:クレジット(旧あと払い)が利用できない店舗はあるか – PayPay ヘルプ)

しかし、PayPay残高限定の店舗の場合は、あと払いを残高にチャージすることで対処することが可能です。

PayPayあと払いに対応していない店舗での対処方法

  • 残高限定の店舗の場合はあと払いを残高にチャージすれば利用可能
  • PayPayあと払い以外の方法で決済する

「現在ご利用を制限しています」PayPayあと払いが利用制限されていて支払いできない

「現在ご利用を制限しています」

PayPayあと払いでこのようなメッセージが表示されている間は利用制限で後払いが利用できない状です。

PayPay後払いを利用制限されると、支払い・チャージ・ログイン・登録ができなくなる可能性があります。

PayPay後払いを利用制限された原因は以下のものが考えられます。

PayPayあと払いが利用制限される原因
  • 一定期間で同一の金額のチャージを繰り返した時
  • 一定期間で同一の金額・店舗での支払いを繰り返した時
  • PayPayの取引審査の監査に該当したとき
  • 一度PayPayを解約した電話番号で再度申し込みした場合
  • 1つのPayPayアカウントに複数のYahoo!JAPAN IDでログインしようとした
  • 不審なログインを検知したとき
  • 過去24時間で10万円・過去30日間で50万円ほどの送金・受け取りがあった
  • PayPayあと払いの支払いを滞納・延滞した

(引用:「現在ご利用を制限しています」と表示され、決済やチャージができない – PayPay ヘルプ)

PayPayは安心安全を維持するために、不正利用やセキュリティに厳しく常に監視する体制を整えています。

不審なログインやお金の動きを検知すると、正しく使っていても利用が制限される可能性があります。

上記の行動に心当たりがある場合は、以下の方法で対処する必要があります。

●PayPayあと払いが利用制限された時の対処方法

  • 時間をおいて試す
  • 別の支払い方法で対処する

>>PayPayが使えない・支払い遅れ時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

PayPayあと払いの支払いを滞納・延滞の為利用できない

PayPayは支払い遅れに厳しく、滞納したら支払期日の翌日からPayPay後払いで支払いできなくなります。

また、PayPay後払いの支払い遅れは返済するまでPayPayあと払いが利用できない状態になります。

年率14.6%という高額な遅延損害金も発生します。

利用料金の清算が遅れた場合、年率14.6%の遅延損害金が発生します。

(引用:[PayPayあと払い(一括のみ)]利用料金の清算ができなかった – ご利用ガイド|PayPayカード)

PayPayあと払いの支払い遅れ時のペナルティは延滞期間が長くなるほど重く、悲惨なものになります。

PayPay後払いが利用できない状況を対処するためにも、支払い遅れは早急に支払う必要があります。

PayPay支払い遅れた時の返済方法

PayPayアプリコンタクトセンター請求書、催促状に記載された指定口座に銀行振込

PayPayアプリで返済する方法

  1. PayPayアプリ「あと払い」をタップ
  2. 「利用履歴」をタップ
  3. 延滞している利用料金を選択する
  4. 「PayPay残高で清算する」をタップする
  5. 金額を確認して「清算する」を選択
  • コンタクトセンターに電話して返済する方法

電話で支払い期日を設定したり振込先を確認することができます。
0570-09-8181(年中無休24時間受付)

(引用:[PayPayあと払い(一括のみ)]利用料金の清算ができなかった – ご利用ガイド|PayPayカード)

>>PayPayが使えない・支払い遅れ時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

PayPayあと払い支払い遅れ時は2~3営業日後に利用できる

「PayPayあと払いの支払い遅れを返済したらいつ復活する?」

PayPayあと払いの延滞料金を精算してもすぐに後払いが復活することはありません。
支払いの履歴が金融機関からPayPay側に反映されるまでに時間がかかります。

支払い遅れの返済からいつごろ復活するかについては、PayPay公式サイトで明記していません。

しかし、通常の支払期日で払った場合でも反映までに2~3営業日はかかります。
そのため支払い遅れの返済時も2~3営業日後に復活すると考えられます。

お支払い日(毎月27日※)の引き落とし結果が、金融機関より当社に到着するまで、
通常2~3営業日かかります。結果が到着次第、ご利用可能額へと反映されます。

(引用:引き落とし後、利用可能額はいつ戻りますか – ご利用ガイド|PayPayカード)

信用情報に傷がついた・ブラックになって支払いできない

信用情報に傷がついた・ブラックになった場合、PayPayあと払いで支払いできない状態になります。

信用情報に傷がつく原因は支払いを滞納・延滞し続けたことが原因です。

その場合、クレジットカードが利用停止されたり、他の後払いアプリも利用できなくなる可能性があります。

PayPayあと払いを運用しているPayPayカード株式会社は、信用情報機関の株式会社シー・アイ・シー(CIC)日本信用情報機構(JICC)に加盟しています。
また、全国銀行個人信用情報センター(KSC)とも提携しています。

3. 当社が加盟する個人信用情報機関の名称、所在地、問い合わせ電話番号は下記のとおりです。
(1)CIC(割賦販売法及び貸金業法に基づく指定信用情報機関)
(2)JICC(貸金業法に基づく指定信用情報機関)

4. 当社が加盟する個人信用情報機関と提携する個人信用情報機関は、下記のとおりです。
全国銀行個人信用情報センター

(引用:PayPayカード(PayPay決済用)サービス利用規約 – PayPayカード)

信用情報機関とは、信用情報を管理・運用する機関です。

ブラックの人や信用情報に傷がついたことは、信用情報を見ればすぐに分かります。

PayPay後払いを含む後払いアプリも定期的に監査を行います。
信用情報に傷がついていることがわかれば、利用を停止させる可能性があります。

一度信用情報に傷がつくと、約5年は信用情報に「異動」という履歴が残り生活が不便になります。

>>PayPayが使えない・支払い遅れ時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

61日以上~3ヶ月の滞納で信用情報に傷がつく・ブラックになる

「どれくらい滞納したらブラックになる?」「いつまでに払えば信用情報に傷がつかない?」

結論から述べると、61日以上または3ケ月の滞納・延滞で信用情報に傷がつきます。

信用情報に傷がつく・ブラックになるということは、信用情報の履歴に「異動」という情報がついたことを指します。

信用情報に「異動」が記録されるタイミング

  • 返済日より61日以上または3ケ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
  • 返済ができなくなり保証契約による保証履行が行われたもの
  • 裁判所が破産を宣告したもの

(引用:CIC「信用情報開示報告書」)

上記より61日以上の滞納はデッドラインだということが分かります。

2カ月近く滞納している人は、一時的にお金を借りてでも滞納・延滞を返済する必要があります。

PayPay後払いが登録できない原因と対処方法

「PayPayあと払いが登録できないからPayPay後払いができない!」

PayPayをこれから利用しようと登録方法を調べて登録を進める人の中で、登録ができないで困っている人は大勢います。

PayPayあと払いを利用するには登録手続きを完了させる必要があります。

実際に、PayPay後払いの登録ができないで困っている人の口コミを、知恵袋やSNSで多く確認できました。

PayPayカード作ったけど
PayPayあと払いの登録できない
今日半日睨めっこして疲れた

(引用:X(旧Twitter)(1) くうちゃん on X: “PayPayカード💳作ったけど PayPayあと払いの登録できない 今日半日睨めっこして疲れた😩”

PayPayあと払いに登録できません。画像の案内が出てしまいます。
YahooIDもPayPayのアカウントも一つしか所持していないので、
他のPayPayアカウントで利用されているということは
他者にカード情報を抜き取られてるということでしょうか?
ここ数ヶ月ヤフーカードは利用しておらずカード明細にも利用履歴はありません。

(引用:PayPayあと払いに登録できません。画像の案内が出てしまいます。 – Yah… – Yahoo!知恵袋)

また、PayPayカード・PayPayカードゴールドを持っていない人はPayPayあと払いの申し込みに審査が必要です。

登録方法や審査の段階でつまづいた結果として、PayPay後払いの申し込みができない状況になっています。

以下でPayPay後払いが登録できない原因と、対処方法を詳しく解説します。

>>PayPayが使えない・支払い遅れ時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

PayPayカードの初回登録をしていない

PayPay後払いが登録できない原因の1つに、PayPayカードの初回登録が完了していないことが挙げられます。

PayPayカードの預金口座振替依頼書で口座振替を希望した人は、PayPayカードが届いた後に初回登録する必要があります。

PayPayの預金口座振替依頼書が必要なケースはどんな時?

  • 信用金庫などWebで登録できない金融機関で口座振替を希望した時
  • 家族名義の口座で振替を希望した時

(参照:預金口座振替依頼書について – ご利用ガイド|PayPayカード)

カードの再作成など、既に口座の登録や初回登録をしている人は該当しません。

初回登録はWebまたはアプリで登録することができます。
登録手順は以下の通りです。

PayPayあと払いの初回登録の方法

  1. PayPayアプリまたはWebでPayPayにログインする
  2. 「会員メニュー」をタップ
  3. PayPayカード裏面に記載されている「お問い合わせ番号」を入力する
  4. 「利用開始」をタップで初回登録完了

(参照:カード受け取り後に必要な手続きはありますか – ご利用ガイド|PayPayカード)

複数のアカウントで登録した

PayPay後払いを複数のアカウントで登録した場合もPayPay後払いは登録できない状態になります。

PayPayあと払いは、不正利用防止・セキュリティの観点から複数アカウントでの利用を禁止しています。

クレジット(旧あと払い)・PayPayカードの契約はおひとり様につき1つのみです。
複数のアカウントでクレジット(旧あと払い)をご利用いただくことはできません。

(引用:クレジット(旧あと払い)の登録ができない – PayPay ヘルプ)

息子・娘にPayPayあと払いを使わせたいからPayPay後払いを2つ登録した」

「過去にPayPayあと払いを登録したけど、パスワードを忘れたから新しく登録したい

上記のようなケースは、複数アカウントの登録にあたるためPayPayあと払いを登録できません。

複数アカウント登録しようとして登録できないときの対処方法は以下の通りです。

PayPay後払いを複数アカウント登録して登録できない対処方法

  • 別の人の名義で新しくPayPayの登録を行う
  • 前のアカウントのパスワードなどを再発行してログインし後払いの申し込みをする

PayPayカードを再作成・再発行手続き中で登録できない

PayPayカードを再発行手続き中・再作成中の間もPayPay後払いは登録できません。

再発行する理由はPayPayカードの紛失・破損・盗難などが挙げられます。

クレジッドカードも同じように、支払い機能をスマホに登録しておかなければ、再発行中はカードを利用できません。

PayPayカードが届いた時点で後払いを登録しておくと、PayPay後払いが利用できないという状況を回避することができます。

PayPayカード再発行中で後払いが登録できない時の対処方法

  • PayPayカードが到着するまで待つ
  • PayPayカードがあるときにPayPayあと払いを登録しておく
  • 別の支払い方法で対処する

PayPayとPayPayカードの登録情報が異なっている時は登録できない

PayPayPayPayカードには、それぞれ申し込みで氏名や住所などの個人情報を入力します。

PayPayあと払いを申し込みした時点で、PayPayに登録した情報とPayPayカードに登録した情報に相違があれば登録ができないです。

PayPayの情報相違が起きるよくあるケース

  • 引っ越し・転勤などで住所が変わった
  • 結婚・離婚などで名前が変わった
  • 携帯番号が変わっている

など

PayPayあと払いを申し込みするタイミングで個人情報に変更があった場合は、あと払いを申し込む前に登録情報を変更する必要があります。

PayPayとPayPayカードの登録情報を変更する方法

PayPayの登録情報の確認・変更について

  1.   PayPayアプリの「アカウント」をタップ
  2. 「詳細」をタップ
  3. 「本人確認・口座認証」をタップ

※本人確認書類を変更する場合はPayPay公式サイトの「本人確認の更新手順」より確認可能です。

PayPayカードの登録情報の確認・変更について

  1. PayPayカードの会員ページにログイン
  2. 「管理」ページを開く
  3. 「お客様情報の照会・変更」をタップして変更可能

※名前・電話番号を変更したい場合はPayPay公式サイト「電話番号・氏名を変更したい」で確認できます。

(参照:クレジット(旧あと払い)の登録ができない – PayPay ヘルプ)

PayPayカードを解約したなどで利用できない状態

PayPayあと払いの利用はPayPayカードを持っていることが条件です。

過去に持っていたPayPayカードを解約した状態や、PayPayカードが利用できない状態で申し込みしても後払いは登録できません。

PayPayカードが一時利用停止されている間も後払いを登録することはできません

PayPayカードが使えることが前提であと払いも利用できるということを認識しておく必要があります。

PayPayカードが利用できないから後払いが登録できない時の対処方法
  • 新しくPayPayカードを新規申し込みした後にあと払いを登録する
  • PayPayのコンタクトセンターに電話する(0570-09-8181 または093-330-8484 年中無休:24時間受付)
  • PayPayカードが利用できない場合は、別の後払いアプリを申し込む

>>PayPayが使えない・支払い遅れ時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

PayPayあと払いの審査に落ちた時は登録できない

PayPayあと払いを申し込みするにあたって、PayPayカードを持っていない人は審査が必要です。

PayPayカードを持っていない人があと払いに申し込みすると、バーチャルカードが自動的に発行されます。
そして、バーチャルカードの作成には審査が必要になります。

バーチャルカード(あと払い)の審査に落ちた場合はPayPayあと払いの登録ができません。

そしてPayPayあと払いの審査に落ちた場合は、しばらくPayPayあと払いを利用することは難しいと考えられます。

PayPayあと払いの審査に落ちる人の特徴は以下のものが多いです。

PayPayあと払いの審査に落ちる人の特徴
  • 他社のクレジットカードの支払いを延滞・滞納している
  • ローンなどの借入の返済に支払い遅れている
  • 信用情報に傷がついている・ブラックになっている
  • 過去5年間で債務整理をした

など

PayPayバーチャルカードはクレジットカードです。

審査の際には、他社クレジットカードと同じように信用情報機関から信用情報を照会します。
信用情報を照会したときに、上記のような支払いの滞納や、信用情報に傷がついている場合は審査に落ちる可能性が非常に高いです。

信用情報とは何?

  • クレジットカード・携帯料金・ローンなど借り入れの状況や支払い履歴の情報
  • 現在の滞納情報から過去の延滞情報などネガティブな情報も記録される

PayPayあと払いもクレジットカードと同じように支払いを来月に後回しするという、利用者を与信して成り立つサービスです。

滞納歴がある人やブラックの人はクレジットカードが作れないように、PayPayあと払いを登録することもできない可能性が非常に高いです。

PayPayあと払いの審査に落ちた時の対処方法

  • PayPayあと払い以外の後払いアプリを利用する
  • 現金がなくて困っている人は消費者金融で一時的にお金を借りる
  • 半年~1年以上期間を空けて再度PayPayあと払いの審査を受けてみる

PayPayあと払いが利用できない時のPayPay以外の対処方法

PayPay後払いで支払いできないPayPay後払いを利用できない場合、PayPay以外の方法で対処することもできます。

PayPay後払いができないで困ることは「支払いができなくなること」です。

結論から述べると、別の決済方法を利用することや別の方法でお金を工面することで対処することができます。

PayPayあと払いが利用できない時のPayPay以外の対処方法
  • 別の後払いアプリを利用する
  • 現金やクレジットカードがあればそれを利用する
  • 不用品やブランド品を売ってお金を手に入れる
  • 親・家族・友達からお金を借りる
  • 消費者金融カードローンでお金を借りる

PayPay後払いが利用できない時に効果的な対処方法はカードローンでお金を借りる方法です。

理由は、即日でお金を借りることができる無利息期間で利息ゼロでお金を借りられる点いつでも借りれる点手間が少ないなどが挙げられます。

PayPay後払いを利用する人の多くが普段の買い物やショッピングなど即時性の高い買い物で後払いを利用しています。

即時性の高い買い物に相性がいいのは現金やクレジットカードです。

後払いアプリでは一部対応していない店舗などもあるため、登録時に時間がかかるなど支払いに困る可能性もあります。

不用品を売る方法も、手間がかかることや家財が減るため何度も利用できる方法ではありません。

親や友達に借りる方法は、一歩間違えば信用や信頼を失う可能性があり、お金がないこともバレます。

カードローンなら最短20分でお金を借りることができます。

また、無利息期間というサービスがあるため、次の給料日で返済できれば利息ゼロでお金を借りることもできます

>>PayPayが使えない・支払い遅れ時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

PayPayクレジット(旧PayPayあと払い)とは?特徴や仕組みを解説

PayPayクレジット(旧PayPayあと払い)とは、当月に支払いした金額を翌月に後払いする支払い方法です。

チャージ不要でいつでも利用できます。
後払いを利用すれば、残高払いより高いPayPayポイントが還元されます。

PayPayクレジットの基本情報を表でまとめたものが以下のものです。

商品名 クレジット(旧PayPayあと払い)
年齢制限 日本国内在住の18歳以上の人(高校生除く)
申し込み条件 ・本人または配偶者に安定した収入があること
・本人認証が可能な携帯電話を持っていること
支払期日 毎月27日
手数料 無料 ※毎月27日の一括払いの場合
ポイント還元率 1.0%(200円ごとに付与)
年会費 無料
審査 あり
サービス提供会社 PayPayカード株式会社

2023年8月1日に商品名を「PayPayあと払い」から「クレジット」へ変更しています。

サービス名の変更にあたって大きく変更された点はありません。

PayPayクレジットは他社の後払いアプリと比較してもポイントの還元率が高いです。
SoftBankワイモバイルの携帯電話やPayPayカードなどと併用することで更にお得に買い物することができます。

PayPayあと払いの利用に向いている人
  • キャッシュレス決済を利用したい人
  • SoftBank・ワイモバイルの携帯を利用している人
  • アプリ間でお金を送金したり受け取りたい人
  • キャンペーンやクーポンを利用して買い物したい人
  • ポイント還元が高い方法で支払いしたい人
  • チャージなど面倒な手間を省いて支払いしたい
お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
PayPayの支払い遅れ時・使えない時に一時的に借りれる安心・安全なカードローンは下記になります。↓

―――――――

【最新版】ランキング
【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ
1位 プロミス
(評価5.0)

大手SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で振込
✅最短3分審査&即日融資OK◎
原則会社への電話なし!
初回30日間利息なし!
土日祝も当日借り入れ可能
郵送物なし・WEB完結でバレない

↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント
アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短20分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込!

\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル
(評価4.0)

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短20分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\審査通過率NO1/

3位 SMBCモビット
(評価3.5)

\申込から融資まで最短25分で在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断から【最大60日間無利息】

この記事の監修者 山口奏太
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士3級。現在貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 株式会社トイント
関連ページ